総合診療科

診療科よりひとこと

総合診療科の取り扱う対象患者さんは、当院で診療を行う内科系患者さんのうち、リウマチ科で対応するリウマチ・ 膠原病、循環器内科・呼吸器内科で対応する疾患以外の範疇の患者さんとなります。

疾患の重症度に関しては、軽症から中等症程度の、いわゆるプライマリケア的診療を行っています。各専門科の診療が必要な、重症あるいは特殊な病態の患者さんについては、適時各専門科を有する施設と連携を行い、基本的に各専門科へ紹介を行います。

各種健診・検診事業とも連携し、疾患の発症・悪化予防、疾患の早期発見にも積極的に取り組みます。

総合診療科は当院の基本方針である離島・へき地医療の充実について、中心的な役割を果たしています。

 

総合診療科部長 永井慎昌

対象疾患

総合受付で、患者さんをどの科で診療するか、問診票などの情報をもとに振り分けを行います。リウマチ科、循環器内科等、専門各科での診療対象外の患者さんは、まずは基本的に総合診療科で診療を行っています。そのため、対象とする疾患はさまざまです。

もし、患者さんのお住まいの近辺にある病院やクリニックで対応いただけそうな状況であれば、ご紹介もしております。

このページの上部へ

診療体制について

外来診療

外来診療は、院内他科と同様、完全予約制で行っています。担当医が出張等で不在となる場合も、代替医師が外来を担当いたしますので、毎日必ず診療が行われています。

何科を受診すれば良いかわからない場合は、総合受付で診療科の振り分けを行いますので、ご相談ください。


入院診療

院内他科と連携し、入院患者さんの診療を行っています。回診、カンファレンス(患者さんの状況や治療方法に関する検討会)も定期的に開催し、診療内容の質の担保に努めています。


離島診療

遠隔医療

三島村に1名、十島村の上4島に1名を各々常駐医として派遣しています。更に、十島村の下3島には巡回診療を実施し、医療的に恵まれない地域の方々への医療サービスに努めています。各島で救急患者さんが発生した場合は、緊急搬送のため、医師がヘリコプターに添乗する体制を整え、例年両村で約20件程度の救急患者ヘリ搬送に協力しています。


医療連携

院内各科はもとより、院外の専門診療科と連携し、患者さんへ最善の医療を提供できるように努めています。又、病病、病診、病福連携に努め、患者さんが日常診療から入院・退院後まで、安心して医療・介護・リハビリ等々を受けられる環境整備に努めています。

このページの上部へ

スタッフのご紹介

医師

永井医師

総合診療科部長 永井 慎昌
専門領域

自治医科大学臨床教授(地域担当)
労働衛生コンサルタント
介護支援専門員
日本人間ドック学会専門医
日本DMAT隊員
日本体育協会認定スポーツドクター
日本赤十字社救急法指導員
日本医師会認定産業医
Infection Control Doctor
認知症サポート医
警察検視医
日本プライマリ・ケア学会認定医及び認定指導医

受  賞 第67回保健文化賞
柳 和寿  
有木園 哲仁  
中尾 祐樹  
松崎 かおり  
前田 芳夫 非常勤医師

このページの上部へ

外来診療日一覧表(午前)

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
永井 慎昌 松崎 かおり 中尾 祐樹 永井 慎昌 1、3、5週
中尾 祐樹
2、4週
松崎 かおり

※出張などにより主治医が不在になることがございますので、ご来院の前には必ずご確認下さるようよろしくお願いいたします。

このページのTOPへ