検査部

検査部よりひとこと

検査集合写真

臨床検査の目的は、病気の早期発見・診断・治療・経過観察などの診療支援、および病気の予防などの健康管理に用いられる臨床検査データを提供することにあります。また、近年では科学的な根拠に基づく医療が行われていますが、この根拠の多くは臨床検査データによるものです。

検査部では、このようなことを踏まえ、正確な臨床検査データを迅速に提供することを目指しています。実際の臨床検査は、大きく分けて心電図や超音波検査のようにヒトの体で直接検査する生理検査と、血液や尿など採取された検体を検査する検体検査に分かれます。当院は救急医療を担う病院として、検査内容を充実させることはもちろんのこと、夜間や休祝日も休むことなく365日24時間検査体制をとっています。

 

 

臨床検査課長  町 邦彦

理念

  1. より精密、より正確、より迅速なデータを臨床に還元し、診断や治療方針の決定に貢献する。
  2. 患者さんの立場に立って、安心で信頼できる検査技術を提供する。
  3. 様々な分野の検査を担うため技師間の連携を十分に図り、新しい情報の統一化及び日々の研鑽にて検査の質の向上に努める。

このページの上部へ

中央検査室

オーダリングシステムが導入され、検査の効率化がなされました。検査の正確性では、内部精度管理として毎日のコントロール測定を行い、精度の正確性を追求しています。外部精度管理では、日本臨床検査技師会のコントロールサーベイや鹿児島県医師会のコントロールサーベイに参加し、精度の確認を行います。

検査内容


生化学検査

微量の血液で、短時間にて多項目を測定できる自動分析機を使用し、AST・ALTなどの血清中の酵素をはじめ、尿素窒素・クレアチニンなどの含有窒素成分、コレステロール・中性脂肪などの脂肪成分、鉄などの生体金属成分などを迅速測定します。

 

日立LABOSPECT006
 生化学自動分析裝置 日立LABOSPECT 006

血液ガス分析装置 LAPIDLAB1265
血液ガス分析装置 LAPIDLAB12


免疫血清検査

全自動化学発光酵素免疫測定装置 ルミパルスG1200
全自動化学発光酵素免疫測定装置 ルミパルスG1200

血中薬物濃度、リウマチ因子、免疫グロブリン、KL-6、MMP-3、補体などを測定します。


CBC

自動血球計数装置で、白血球数、赤血球数、血小板などを計測し、貧血、感染症、白血病、出血傾向などを検査します。また、白血球を各種類(好中球、リンパ球、好酸球、好塩基球、単球)に分類することが可能です。


血液像

多項目自動血球分析裝置 XE5000
多項目自動血球分析裝置 XE5000

CBCの結果をもとに、必要に応じて血液標本を作製・染色し、顕微鏡下で白血球を分類します。また、異常細胞の出現や形態異常の有無についての鑑別も可能です。


骨髄穿刺検査

血球数や血液像に異常があった場合、白血球、赤血球、血小板の産生工場である骨髄を採取し、細胞数、細胞分画、染色体などの検査を行います。


凝固・線溶検査

 CS2500 01 血液中の凝固因子(血を固まらせる)の機能や線溶系(血中にできた血栓を溶かす)の機能、また抗凝療法などのコントロールを目的に検査します。

 

 

 

 

 

 

自動凝固線溶測定裝置
CS2500

 

輸血検査

  1. 血液型
    ABO型、Rh型を調べます。
  2. クロスマッチ
    輸血の際、受血側(患者側)と供血側の血液を試験管内で反応させ、血液が適合するかどうかを検査します。

輸血検査の試薬
輸血検査の試薬


便潜血検査

潰瘍・腫瘍(大腸癌など)・炎症・感染症・痔などによって出血している場合、便中にも血液が混じることがあります。このような場合、便の潜血検査を行うことにより病変が推察されます。当院では免疫法をおこなっており、下部消化管(大腸)からの出血の有無に有用とされています。


髄液検査

髄膜炎、脳炎などの炎症性疾患、神経梅毒、脳腫瘍、多発性硬化症の診断には不可欠の検査です。日常検査として実施されるのは外観観察、比重、細胞数と好中球/リンパ球(N/L)比、総蛋白量・糖の定量です。


その他

胸・腹水・精液などの細胞数を検査しています。


抗CCP抗体検査・抗核抗体検査

抗CCP抗体は、早期リウマチに対する診断確定度も高く、正確にリウマチの発症を予測できる検査です。抗核抗体は、リウマチの患者の20~30%で陽性になります。診断をするうえでの参考にします。

 

全自動EIA裝置/IF染色兼用裝置
全自動EIA裝置/IF染色兼用裝置

蛍光顕微鏡
蛍光顕微鏡
抗核抗体のスライドを蛍光顕微鏡で検査をします。


このページの上部へ

尿検査室

検査内容


尿定性検査

尿中の成分などを化学的に測定します。通常は試験紙と呼ばれる棒状のスティックに試薬をしみ込ませた濾紙を用いて、比重、PH、蛋白質、糖、ケトン体、潜血、ウロビリノーゲン、ビリルビン、亜硝酸塩、白血球の検査をします。


尿沈渣

尿を試験管に取り遠心分離させると、管底に有形成分がたまります。この成分を顕微鏡で鏡検し、赤血球や白血球の有形成分・尿中の上皮や円柱、細菌の有無を分類します。

 

自動尿沈渣分析裝置 UF 1000
自動尿沈渣分析裝置 UF 1000

 

生理検査室

検査内容


心電図検査

心臓の電気活動を記録して、心臓の筋肉や脈の状態を調べます。


負荷心電図検査

心臓に負担をかけ、症状の有無や心電図変化を記録する検査です。安静時と運動中や運動後の心電図変化をみます。


長時間心電図検査

心電図を長時間記録し、ST-T変化、不整脈の分析を行います。


血圧脈波(ABI・CAVI)検査

左右の上腕と足首に血圧計を裝着し、四肢の血圧を側定します。末梢血管の動脈硬化の程度や下肢動脈の狭窄・閉塞の程度をみる検査です。


脳波検査

脳から生ずる電位変動を頭皮上の電極から記録するもので、脳の神経の働きをみる検査です。


肺機能検査

肺の大きさ、換気能力、気道の異常、肺拡散能力などの呼吸機能をみる検査です。つまり、呼吸とガス交換がスムーズに行われているかどうかを調べる検査です。


神経伝導速度検査

末梢神経を電気刺激して誘発される筋反応(MAP)あるいは神経活動電位(NAP)から末梢神経の機能を調べる検査です。


眼底検査

瞳孔を通じて眼球内の網膜、視神経乳頭などを検査します。


サーモグラフィ検査

サーモグラフィ装置
サーモグラフィ装置

皮膚の表面温度を測定して、レイノー病などの治療効果や経過観察に使用します。


超音波検査

超音波とは、人の耳に聞こえない高い周波数の音です。体に当てた探触子から超音波を発信すると組織の境界で反射し、エコーとして戻ってきた信号を処理し、映像化して体の中を観察することができます。またドップラ-効果を利用して血液の流れを調べることもできます。超音波は人体に害がなく痛みもないため、くり返し検査が可能です。いろいろな部位が検査できます。

  1. 心臓超音波検査
    心臓の動きや壁の厚さ、弁の状態などの観察をする検査です。
  2. 腹部超音波検査
    肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓などの形や内部異常の有無を調べる検査です。
  3. 血管超音波検査
    動脈や静脈の血管の状態や血液の流れを観察する検査です。
  4. 関節超音波検査
    主に関節リウマチで関節腔の滑膜炎の有無や状態を観察する検査です。

関節超音波検査


正常な関節
滑膜炎のない正常な関節です。

滑膜炎のある関節
滑膜炎のある関節です。左と比べると滑膜が肥厚し、その中に赤い血流が観察できます。これが、滑膜炎がある時の関節です。

超音波診断装置 Vivid E9
超音波診断装置 Vivid E9

スタッフ

検査部長 大坪 秀雄(リウマチ科部長)
検査課長 町 邦彦
臨床検査係長 下福 千尋
臨床検査技師

西原 早苗
永山 亜貴子
上川 正樹
谷口 洋輔
大村 香織

超音波検査技師 上川 正樹(日本超音波医学会認定循環器)

このページのTOPへ