医療安全推進室

医療安全推進室よりひとこと

医療安全推進室は、医療事故を防止し医療安全を確保するための「医療安全管理」と、院内感染予防対策を実践する環境・システム作りを行う「感染管理」の業務を行っています。

 

「医療安全管理」の部門には専従の医療安全管理者1名および医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者、医療事故・紛争担当職員各1名の職員が配属されています。
当院には、医療事故を防止し、安全かつ適切な医療の提供体制を確立するために必要な事項を定めることを目的として、メディカル・リスクマネジメント(MRM)委員会および、医療事故防止対策を実効あるものにすることを目的として、MRM委員会の下部組織として、リスクマネジャー会議が設置されており、両会議の庶務を医療安全推進室が担当しています。

 

「感染管理」の部門には専従の院内感染管理者(感染管理担当看護師)1名および感染管理担当医師、感染制御専門認定薬剤師、感染管理担当検査技師が配属されています。当院には院内感染防止に必要な対策を討議・検討・実施することを目的として、感染管理委員会および、感染管理委員会の下部組織として、Infection Control Team(ICT)が設置されており、両会議の庶務を医療安全推進室が担当しています。

 

医療安全推進室長 竹原 哲彦

組織図

2016anzen

 

このページのTOPへ